メールセキュリティソリューションパッケージソフトウェア Proself Mail Proxy オプション

メール添付での文書漏洩リスクを大幅削減!!

Proself Mail Proxyオプションを導入すると添付ファイルがそのまま相手に送られることはありません。
Proselfで添付されたファイルを集中管理することでセキュリティを大幅に強化できます。

こんな心配ありませんか?

Mail Proxy オプション 主な特徴

学習コストゼロ!ユーザは今まで通り、メールにファイルを添付するだけ。

ユーザの利用方法はとっても簡単。一度メールサーバーの接続先をProselfに変更するだけです。
あとは今まで通りにメールにファイル添付するだけで利用できます。

添付ファイルを自動でProselfへアップロード。

メールクライアントで添付ファイルをつけて送信すると自動的にProselfにアップロードしてメールの本文にダウンロードアドレスを挿入します。わざわざProselfにアップロードしてからメールにダウンロードアドレスを自分で記述する手間が省けます。

ダウンロードアドレスに、パスワードを設定可能。

ダウンロードアドレスに自動的にパスワードを設定することが可能です。パスワードはメールの送者に通知されます。送信者が別のルートで相手にパスワードを通知するようにすることで万が一送信者を間違っても相手にファイルが漏洩しません。

カスタムフィルタ対応。メールの内容でフィルタリング可能。

添付ファイルでの情報漏洩をより強化するためメールの内容や添付ファイルの内容でメール送信を拒否するフィルタを設定することができます。お客様の都合に合わせてJava言語で作成することが可能です。また弊社でもカスタムフィルタの開発を承っております。

動作環境

サーバー動作環境

Java及びJava Servletが動作するハードウェア及びOS
※Mailproxyオプション単体では動作しません。Proself Enterprise Editionが別途必要です。
※SMTPサーバー機能はありません。

メールサーバー動作環境

SMTPに対応したメールサーバー (Sendmail、Postfix、qmailで動作確認済み)

クライアント動作環境

SMTPでメール送信可能なメールクライアント (Outlook、Outlook Express、Becky!で動作確認済み)

価格

\オープンプライス