ファイル操作


シンプルで使いやすいインターフェースです。ブラウザから簡単に操作ができるので、データの受け渡しや受け取りも容易にできます。



ドラッグ&ドロップでファイルアップロード

ドラッグ&ドロップ機能を搭載しているので、ファイル・フォルダのアップロード操作も簡単です(Java Applet版かHTML5版を選択可能)。もちろん従来通りファイルを指定してアップロードすることもできます。



一括ダウンロード

一括ダウンロード機能で複数のファイル・フォルダも楽々ダウンロード可能です。一つずつダウンロードする手間が省けて便利です。


ファイルコメント設定

ファイルにコメントが設定できるので、備忘録や伝言メモなど用途に合わせて利用可能です。


ファイル検索/Officeファイル文書内検索

どこに保存したか分からなくなったファイルもファイル名の他、ファイルの種類、更新日時、ファイルコメント等で検索ができるので、作業の効率化を図れます。
さらに文書内検索オプションを利用すればドキュメント内も検索できます。

※検索対象ファイル形式 :Microsoft Word(.doc、.docx)、Excel(.xls、.xlsx)、PowerPoint(.ppt、.pptx)、PDF、Text

※相互運用機能をご利用の場合は検索機能を使用できません。

※推奨ファイル数は100万ファイル以下です。ファイル数が多くなる(100万ファイル以上)と検索速度が遅くなります。速度向上にはメモリが必要となり、チューニングが必要となる場合はカスタマイズ承ります。

※文書内検索に対象外のファイルを含めたい場合はカスタマイズ承ります。


画像/PDF/Officeドキュメントのサムネイル表示

画像、PDF、Officeドキュメントのサムネイル表示に対応しているので、ファイルを開かなくても中身が確認できて便利です。プレビュー表示にも対応しています。


3か国語に対応

ブラウザの表示言語は日本語、英語、中国語の3か国語に対応しているので、ご利用拠点に応じた言語を選択できます。

※利用者の環境によって自動的に言語が切り替わります。利用者が手動で変更することも可能です。

※日本語、中国語以外の環境では英語で表示されます。


海外の利用者に対応 [New!!]

海外からProselfを利用するとファイル更新日時は自動的に現地のタイムゾーンのものが表示されます。また日付のフォーマットを日本形式の年/月/日の他にヨーロッパ形式の日/月/年やアメリカ方式の月/日/年を選択可能になりました。


世代管理

うっかりファイルを更新してしまって元の状態に戻したい場合、この機能を利用して、保存前のデータに戻すことができます。


※Proselfにはその他にもたくさんの機能が搭載されています。ぜひ体験版でおためしください。