グループアクセス


Proselfでは一人のユーザーしかアクセスできない「ユーザーフォルダ」とグループに所属した複数ユーザーで共有できる「グループフォルダ」の2種類を作成できます。複数のユーザー間でファイルを共有したい場合は、グループを作成してからグループフォルダを作成します。


グループとグループフォルダ

Proselfで複数ユーザーでファイルを共有するにはグループフォルダを使用します。グループフォルダはグループを作成の際にフォルダを作成するにチェックをいれることで作成できます。一人のユーザーは複数のグループに所属できます。グループはシステム管理者等グループ作成の権限をもったユーザーのみ作成することができます。一般ユーザーはグループを作成することはできません。


プライマリグループ

Enterprise Editionではユーザーやグループをまとめる大グループであるプライマリグループを作成することができます。プライマリグループは独立性が高く、プライマリグループに所属するユーザーが別のプライマリグループのグループフォルダにアクセスすることはできません。プライマリグループにはグループ管理者を作成できます。グループ管理者はプライマリグループの中に限って自由にグループやユーザーを作成することができます。


グループ作成者

ユーザーは作成不可であるもののグループは作成可能なユーザー権限「グループ作成者」は、より制限したユーザー権限により意図しない操作を防ぎます。



※Proselfにはその他にもたくさんの機能が搭載されています。ぜひ体験版でおためしください。