Proselfをさらに便利に。

Proselfに特定用途向けのオプション/クライアントを導入することでProself単体とは違ったさらに便利な使い方ができるようになります。

現在Proselfでは下記のオプション/クライアントがリリースされています。


Proselfオプション

スマートフォン・タブレット端末専用画面 スマートフォンオプション

iPhoneやAndroidケータイ等のスマートフォンやiPadやAndroid Tablet等のタブレット端末に特化した操作しやすい画面を提供します。スマートフォン・タブレット端末のブラウザに最適化することで動画や音楽ファイルのストリーミング再生やAndroid端末での日本語ファイルのダウンロード、iPhone/iPadからのアップロードを実現します。

メールセキュリティソリューションパッケージソフトウェア Proself Mail Proxy オプション

Proself Mail Proxy オプションを導入すると添付ファイルがそのまま相手に送られることはありません。Proselfで添付されたファイルを集中管理することでセキュリティを大幅に強化できます。

大学・教育機関向けオプション Proself レポート オプション

Proself レポートオプションを導入すると手間のかかるレポートの回収や課題の配布を効率的に行うことができます。

レポートの回収、課題の配布に特化しているため操作方法は簡単です。

ドキュメントの中身の検索が可能 文書内検索オプション

標準機能でもファイル名の他、ファイルの種類、更新日時、ファイルコメント等で検索が可能ですが、文書内検索オプションを導入することでドキュメントの中身の検索も可能になります。検索対象ファイル形式はMicrosoft Word(.doc、.docx)、Excel(.xls、.xlsx)、PowerPoint(.ppt、.pptx)、PDF、Textです。

IDとパスワードを入力せずにProselfを利用可能 Proself 統合認証オプション

Proself統合認証オプションを利用するとWindowsのログオンアカウントを使用することでProselfにIDとパスワードを入力することなく利用することができます。ユーザーはWindowsにログインする際に一度だけパスワードを入力するだけで済み、ProselfにIDとパスワードを入力する手間を省くことが可能です。

グローバルなSSOとより強力なセキュリティ SAML認証オプション

SAML認証オプションはSAML(Security Assertion Markup Language)プロトコルを利用した強化されたセキュリティのシングルサインオン(SSO)を実現することができます。

CAS認証を使用してシングルサインオンでProselfを利用可能 Proself CAS認証オプション

Proself CAS認証オプションを利用すると、HTTPリダイレクションやCookieといった標準的なWEB技術を利用した、シンプルで軽いシングルサインオン(SSO)を実現することができます。

Proselfクライアント

クライアントソフトウェア Proself Client

「Proself Client」は Proself上のファイルをエクスプローラーから操作できるようにするソフトウェアです。 「Proself Client」は 接続先サーバーとしてProselfはもちろんのこと、WebDAV準規のサーバーであれば接続できます。

同期ツール

Proself上の特定のフォルダの内容とローカルコンピューター上の内容の同期を取ることができます。同期ツールには「同期モード」「アップロードモード」「ダウンロードモード」の3つのモードを備えており、ファイルのバックアップやファイル配信・複数人でのファイル共有など様々な用途に利用可能です。

iOS用クライアントアプリ Proself Client for iOS

「Proself Client(iOS版)」はiPhoneやiPad等のiOS用クライアントアプリです。「Proself」サーバーに接続し、iOS上からファイル/フォルダの操作が可能です。

Android用クライアントアプリ Proself Client for Android

「Proself Client for Android」はAndroid OS用クライアントアプリです。「Proself」サーバーに接続し、Android上からファイル/フォルダの操作が可能です。

Proselfを仮想ドライブとして認識 Proself Disk

Proself Diskは仮想ドライブとして認識させることで、Proself上にアップロードされているファイルをローカルディスクにあるファイルのように様々なアプリケーションで直接編集することが可能になります。Proselfに搭載された拡張命令を使用することで他の同機能を持つWebDAVクライアントよりも高速に動作し、違和感なく利用することが可能です。