IDとパスワードを入力せずにProselfを利用可能 Proself SAML認証オプション

IDとパスワードを入力せずにProselfを利用可能

Proself SAML認証オプションはSAML(Security Assertion Markup Language)プロトコルを利用した強化されたセキュリティのシングルサインオン(SSO)を実現することができます。 共通の認証システムにProselfを連携させることで、ユーザーは他の連携システムと同じログイン認証を利用でき、システム別のログイン、専用のアカウント管理といった面倒な手間を省くことができるようになります。Shibboleth認証など、SAMLに準拠しているで認証システムであれば対応可能です。
Proself SAML認証オプション 主な特徴

動作環境


サーバー

JDK6 Update 20以降が動作するハードウェア及びOS
  • Proself Enterprise Edition Ver.4.13以降が別途必要です。

価格

\オープンプライス