Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)でProself Clientをご利用のお客様へ(更新)

2018/05/08
2018/08/30更新

平素はProselfをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2018/08/30にProself Client Ver2.31をリリースいたしました。

Proself Client Ver2.31では、Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)を適用した環境においてダウンロード方法を「FileSystemWatcher」へ自動的に変更するよう暫定対応を行っております。

Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)を適用した環境でProself Clientをお使いのお客様におかれましては、本バージョンにアップデートくださいますようお願い申し上げます。

◆Proself Client Ver2.31ダウンロード先
https://www.proself.jp/download/list/#client


以下は2018/05/08にご案内したお知らせ内容となります。

平素はProselfをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2018/04/30にMicrosoft社より提供が開始されたWindows 10 April 2018 Update(バージョン1803)を適用した環境において、Proself Client上でのファイルダウンロードが行えなくなる事象を確認しております。

現在原因を調査中で、対処法が判明し次第Proself Clientのバージョンアップにて対応する予定となっております。
対応までの間、誠にお手数ですが、暫定対応として以下の手順で設定変更を実施いただきますようお願い申し上げます。

  1. Proself Clientの各接続先でマウス右クリックで表示されるメニューより、[プロパティ]をクリックします。
  2. 「接続先設定」画面が開きますのでこの画面上で「その他」タブに切り替えます。
  3. ダウンロードの方法において「FileSystemWatcher」を選択して「OK」をクリックします。
    ※この方法を使用するとネットワークパスへの直接ダウンロードが出来なくなります。

    Proself Clientの「接続先設定」画面
  4. ダウンロードが正常に行えることを確認します。

上記設定を行ってもダウンロードが行えない場合は、OS再起動後に再度ダウンロードをお試しください。