Oracle JDK、OpenJDKへの今後の対応方針について(更新)

2018/06/26
2018/11/13更新

平素はProselfをご利用頂き、誠にありがとうございます。

弊社ではProselfのサーバー動作環境としてOracle JDKが必要と案内しておりますが、動作環境として現在最新のJDK8が2019年1月で無償サポートが終了となることに加え、JDK11以降は有償サポートのみになりました。
上記により弊社ではOracle JDKが必須とならないよう、以下内容で対応方針を変更いたします。

  • Oracle JDK
    JDK8及び長期サポート(LTS)に対応したJDK11以降を動作環境といたします。
    ※長期サポート(LTS)が存在しないOracle JDK9、JDK10の対応予定はございません。
  • OpenJDK
    長期サポート(LTS)に対応した以下OpenJDKを新たにサポート対象の動作環境に追加します。
    Linux系OS:OSにバンドルされているOpenJDK
    Windows系OS:AdoptOpenJDK

Proselfは現時点ではOpenJDK及びOracle JDK11に非対応の為、対応バージョンのリリースを以下スケジュールで予定しています。
Ver.5:2018年11月中
Ver.4:2018年12月中

具体的なリリース日が決まりましたら改めてご連絡いたします。

またJava11よりJava Appletが廃止されているため、クライアントPCへJava11をインストールしてもInternet ExplorerにてJavaAppletを用いたドラッグ&ドロップアップロードはご利用いただけません。

そのため引き続きJava Appletを用いたドラッグ&ドロップアップロードをお使いいただく場合は、クライアントPC上ではJava8をご利用いただくかHTML5版のドラッグ&ドロップアップロードへの切り替えをご検討くださいますようお願いいたします。