検索 
       

ライセンスについて - 8件

1件目から8件目までを表示



Proselfのライセンス期限が切れた場合どうなりますか。

Proselfの機能制限はありませんが、サポートを受ける事ができなくなります。

また、Ver.5からは年間保守契約のご加入が必須となっております。
継続利用される場合に年間保守契約を更新しないままご利用になると、ライセンス違反になりますのでご注意ください。

なお、ライセンス期限を過ぎた場合は、期限切れの時点までさかのぼった料金をお支払いいただくことにより、年間保守契約更新が可能となります。

年間保守サービスの情報については以下URLもご参照ください。
https://www.proself.jp/licence/support-price/

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq373/




Proselfを仮想環境で利用する際のライセンスの考え方を教えてください。

仮想環境でご使用の場合、ゲストOSごとのライセンスが必要となります。

例えば、すでに仮想環境にあるゲストOS上にProselfを利用しており、追加でもう1つゲストOSを用意してProselfをインストールをする場合は、ライセンスの追加ご購入が必要となります。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq365/




運用中のProselfを現在と異なるサーバーへ移行する際は新たにライセンス購入が必要でしょうか。

いいえ、サーバー移行時に限り、同一ライセンスでの並行稼働を認めております。
移行時以外の同一ライセンスの並行稼働は、ライセンス違反となりますのでご注意ください。

別途体験版シリアルの発行も可能ですので、必要な場合は、お問い合わせフォームより発行希望エディション/バージョン等お書き添えの上、お申しつけください。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq364/




通常Proselfを使用しているサーバーの障害時に、もう1台のサーバーを使用する場合(コールドスタンバイ)、Proself のライセンスは2つ必要なのでしょうか?それとも1つでいいのでしょうか?

コールドスタンバイであっても1ハードウェアごとにライセンスが必要です。
仮想環境の場合は1ゲストOSごとにライセンスが必要です。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq174/




ハード変更や障害により、Proselfの再インストールが発生した場合、費用は別途必要でしょうか?

いいえ、費用は発生しません。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq209/




ProselfサーバーのOSにWindowsServerを利用する場合、Windowsサーバーライセンスの他にCAL(クライアントアクセスライセンス)も必要なのでしょうか。

■Windows Server 2008 R2までをご利用予定のお客様

Web Editionご利用の場合はCALを必要としないため
Windowsのライセンスに触れることなく同時接続での利用が可能です。
※他Editionご利用の場合は同時接続数分のCALが必要となります。

■Windows Server 2012以降をご利用予定のお客様

Windows Server 2012をご利用の場合はライセンスモデルの簡素化により、
Windows Server 2008 R2まで存在したWeb Editionに該当するEditionはございません。
こちらについてはMicrosoft社としては以下の様に回答しております。
「Web Server エディションがなくなっても、Windows Server 2012 で実行される Web ワークロードは、現在、このようなワークロードに対して有効な "CAL 免除" を受け続けることができます。
Windows Server 2012 のライセンスが割り当てられたサーバーが Web ワークロードの実行のみに使用されている場合、このサーバーにアクセスするユーザーやデバイスに Windows Server CAL は必要ありません。」

こちらについては以下URLに詳細が記載されております。
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-server/licenseguide/license-09.aspx

上記「Web ワークロード」についてはMicrosoft社が以下の様に回答しております。
「インターネット アクセス可能な Web ページ、Web サイト、Web アプリケーション、および Web サービスの開発および展開のためにフロントエンド サーバーとして使用される場合のワークロードを意味し、本ソフトウェアによって提供されるコンテンツ、情報、およびアプリケーションへのPOP3 メール サービスの提供およびアクセスは、お客様の従業員に限定されません。」

Webワークロードに関しては以下URLの下部に記載しております。
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-server/licenseguide/license-06.aspx

そのためProselfをWindowsServer2012でご利用の場合はCALが不要と解釈できます。

なお上記は弊社の見解でMicrosoft社の見解と異なる可能性がありますため、
導入前にMicrosoft社にもご確認いただきますようお願いいたします。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq175/




購入経路は直接販売のみでしょうか?代理店などがありますか?

特定の販売代理店はございません。
弊社では直販でのお取引が中心となっていますが多くのSIベンダー様、代理店様経由で販売頂いております。
お取引実績のある商社様をご紹介できます。
その際は弊社サポートまでお問い合わせ下さい。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq172/




掛け売りは可能ですか?

法人のお客様のみ可能です。
詳しくは「お問い合わせフォーム」からお問い合わせ下さい。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq173/



1件目から8件目までを表示