検索 
       

疑問・トラブルについて - 108件

1件目から10件目までを表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11


[O] 統合認証オプションの設定を行いましたが、シングルサインオンが行われずログイン画面が表示されてしまいます。

以下をご確認ください。

■Proselfをインストールしたサーバー
  • 統合認証オプションのインストールメディア内にある/conf/jaas.configファイルをProselfサーバー上にコピーしているでしょうか。

■Proselfと連携しているActive Directory
  • 以下に該当する場合はシングルサインオンが正常に動作いたしません。
    1. サービスプリンシパル名が重複している。
    2. サービスプリンシパル名の登録を実施していない。
    3. 同じユーザーで複数のサービスプリンシパル名を登録している。
      ※統合認証オプションを利用するProselfを複数台構築する際はご注意ください。

    サービスプリンシパル名を正しく登録しているかどうかについては、ドメインコントローラーのコマンドプロンプト上で以下コマンド実行により確認可能です。
    • a.について確認する場合
      C:\> setspn -X
      問題がある場合は結果が1件以上出力されますので、重複するサービスプリンシパル名を削除する必要があります。
    • b. c. について確認する場合
      C:\> setspn -Q HTTP/{ProselfサーバーのFQDN}
      サービスプリンシパル名が何も表示されない場合は、統合認証オプションのインストールガイドに記載ある手順でサービスプリンシパル名を登録する必要があります。
      一方、サービスプリンシパル名が複数表示される場合は、1つのユーザーに対して1つのサービスプリンシパル名となるよう登録し直す必要があります。
  • ktpassコマンドでサービスプリンシパル名登録時、mapuserオプションで指定するユーザーをドメイン込みで指定することでシングルサインオンは可能でしょうか。
    環境によってはユーザーをドメイン込みで指定頂く必要があります。

■クライアントPC
  • Windowsのコントロールパネル - インターネットオプション - [セキュリティ]タブ - ローカルイントラネット - サイト - 詳細設定にProselfサーバーのURL(※)を追加しているでしょうか。
    ※http(s)://{ProselfサーバーのFQDN}
  • WindowsのログオンIDはProselfに登録されているユーザーID(※)と同じでしょうか。
    ※Active Directoryとの連携によって作成されたユーザーである必要がございます。
  • 「■Proselfと連携しているActive Directory」において問題がない場合、以下コマンドをクライアントPCのコマンドプロンプト上でも実行してドメインコントローラー上の実行結果と同一となることを確認します。
    C:\> setspn -X
    C:\> setspn -Q HTTP/{ProselfサーバーのFQDN}
    もしも差異がある場合はクライアントPCのOSを再起動後、再度上記コマンドを実行して同一となることを確認します。

※設定に関しては、統合認証オプションのインストールガイドに記載ある内容もあわせご参照ください。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq339/

(最終更新日:2022/12/15)




[V5] パスワード失念により管理者ユーザーでログインできなった場合の復旧方法を教えてください。

パスワード再設定機能(※)が有効か無効かによって復旧方法が異なりますが、以下記載の方法で復旧可能です。

※パスワード再設定機能は管理者ユーザーでProselfにログイン後、管理画面 - システム設定 - セキュリティ - パスワードポリシーより設定可能です。

◆パスワード再設定機能を有効にしている場合
ログイン画面に表示される「パスワードを忘れた場合はこちら」をクリックし画面指示に従ってパスワード再設定を行ってください。
※本機能を使用する場合、パスワード再設定を行うユーザーのメールアドレスが設定されている必要があります。メールアドレスが設定されていない場合は次項をご参照ください。

◆パスワード再設定機能を無効にしている場合
  • 他に管理者ユーザーが存在する場合
    他の管理者ユーザーでProselfにログイン後、管理画面 - ユーザー管理より該当管理者ユーザーの更新画面を開き、新しいパスワードを設定します。
  • 他に管理者ユーザーが存在しない場合
    初期出荷ユーザーであるrootユーザーの初期化手順をご案内いたしますので、以下よりお問い合わせください。
    お問い合わせフォーム

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq310/

(最終更新日:2022/12/08)




[V5] [GW] Proselfの再インストール方法を教えてください。

以下手順で再インストールが可能です。

  • Linux OSの場合
    1. Proselfのサービスを停止します。
    2. Proselfインストールフォルダを削除します。(※1)
    3. Proselfストアフォルダを削除します。(※2)(※3)
    4. Proselfインストールメディアから再度Proselfをインストールします。
    5. インストール完了後、Proselfのサービスを起動します。
  • Windows OSの場合
    1. Proselfのサービスを停止します。
    2. コントロールパネル - プログラムと機能より「Proself Ver.5」または「Proself Gateway Edition」を選択し、アンインストールを実行します。
    3. Proselfインストールフォルダを削除します。(※1)
    4. Proselfストアフォルダを削除します。(※2)(※3)
    5. Proselfインストールメディアから再度Proselfをインストールします。
    6. インストール完了後、Proselfのサービスを起動します。

※1 Proselfインストールフォルダの確認方法については以下のFAQをご参照ください。
https://www.proself.jp/support/faq433/
※2 Proselfストアフォルダの確認方法については以下のFAQをご参照ください。
https://www.proself.jp/support/faq434/
※3 ストアフォルダを再利用したい場合は削除せず、再インストール時にそのストアフォルダのパスをご指定ください。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq309/

(最終更新日:2022/12/07)




[V5] ユーザー、グループ、プライマリグループの設定画面で期限を設定できますが、ヘルプには「設定した期限を過ぎるとユーザー停止処理が実行され、ユーザーがログイン出来ない状態になります。」とあります。この”停止”というのはどのような状態を指すのでしょうか?

ユーザー、グループ、プライマリグループによって異なります。

  • ユーザーの場合
    • ユーザーが停止されるとそのユーザーはProselfにログインできなくなります。
    • ユーザー及びユーザーフォルダ自体は削除されません。
    • 停止されたユーザーが設定済みの共有フォルダは停止されません。
    • 停止されたユーザーのユーザーフォルダ配下にて設定済みのWeb公開や受取フォルダの公開アドレスは無効化されません。
    • 停止されたユーザーは管理者がそのユーザーに対し再開処理をを行うことで再度ログイン可能となります。
    • ユーザーが停止されたかどうかはユーザー一覧画面の"状態"から確認可能です。(×印のアイコンが付いている場合は停止状態となっています。)
  • グループの場合
    • グループが停止されると、そのグループには誰も参加していない状態となります。
    • グループ及びグループフォルダ自体は削除されません。
  • プライマリグループの場合
    • プライマリグループが停止されると、そのプライマリグループに属する全ユーザーが停止されます。
    • プライマリグループ自体は削除されません。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq305/

(最終更新日:2022/12/02)




[V5] 新しく構築したProselfに対して別のProselfのバックアップ機能で取得済みのバックアップファイルを用いたリストア方法を教えてください。

以下の方法によりリストアを行うことができます。

  1. 新しく構築したProselfの管理画面のバックアップ設定画面を開き、保存先フォルダを指定します。
  2. 別のProselfで取得済みのバックアップファイルを1.における保存先フォルダで指定したパス配下に配置します。
  3. 新しく構築したProselfの管理画面のリストア画面を開き、選択可能なリストア対象のファイルが表示されるようになっていることを確認します。
  4. ファイルを選択してリストアを実施します。

なお、リストアに関しては以下の制約がありますのでご注意ください。
  • エディションが同じであること。
    Proselfが動作しなくなるため、異なるエディションのバックアップファイルでのリストアは絶対に行わないでください。
    Enterprise Edition同士、Standard Edition同士としてください。
  • メジャーバージョンが同じかつ、リストアするProselfのバージョンがバックアップを取得したProselfのバージョン以上であること。
    以下にいくつかの例を示します。
    • Ver5.31でバックアップしたファイルでVer5.31環境でリストア
      →制約条件を満たすため実施可能です。
    • Ver5.30でバックアップしたファイルでVer5.31環境でリストア
      →制約条件を満たすため実施可能です。
    • Ver5.31でバックアップしたファイルでVer5.30環境でリストア
      →制約条件を満たさないため実施しないでください。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq413/

(最終更新日:2022/11/30)




[V5] アップロードやダウンロード時に制限を設けることは可能でしょうか。

管理画面 - システム設定 - アップロード/ダウンロードの設定から以下制限の設定を行うことが可能です。

◆アップロード
  • Ver5.31以前
    • Java Appletを用いたドラッグ&ドロップアップロードの制限
    • HTML5を用いたドラッグ&ドロップアップロードの制限
    • 1ファイルあたりのアップロードサイズ制限
    • 拡張子による制限
  • Ver5.40以降
    • ドラッグアンドドロップでアップロードを可能にする
    • フォルダのアップロードを可能にする
    • 1ファイルあたりのアップロードサイズ制限
    • 拡張子による制限

◆ダウンロード
  • 一括ダウンロードの制限

※システム全体でのみ設定可能です。ユーザー/グループ単位で設定することはできません。
※拡張子による制限では、指定した拡張子のファイルアップロードを許可または拒否することができます。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq432/

(最終更新日:2022/11/30)




[V5] Proselfでメール送信機能を使用する為にどのように設定すればよいですか。

Proselfでメール送信を行うには最初にいくつかの設定が必要になります。
ProselfにWebブラウザより管理者でログインした上で、下記の設定項目が設定されていないとメール送信機能を使用する事ができません。

  • メールサーバー情報の設定
  • システムメールの設定
  • メール文章設定
  • Web公開/受取フォルダ設定
  • ユーザーに対するメールアドレス及びメール送信許可の設定

【メールサーバー情報の変更設定】
  1. ブラウザより管理者でログインします。
  2. 画面右上の歯車アイコンをクリックして管理画面に切り替え、システム設定->メールサーバー情報の設定 の順に移動します。
  3. メールサーバー情報を入力後「設定」ボタンを押下します。

【システムメールの設定】
  1. ブラウザより管理者でログインします。
  2. 画面右上の歯車アイコンをクリックして管理画面に切り替え、システム設定->システムメールの設定 の順に移動します。
  3. 画面内に設定内容を入力後「設定」ボタンを押下します。

【メール文書設定】
※先にメールサーバー情報の設定及びシステムメールの設定を行う必要があります。
  1. ブラウザより管理者でログインします。
  2. 画面右上の歯車アイコンをクリックして管理画面に切り替え、システム設定->メール文書設定->Web公開/受取フォルダ->Web公開メール送信のデフォルト文書 の順に移動します。
  3. メール送信機能を「利用する」チェックをONに、各種項目を適宜編集した後「設定」ボタンを押下します。
<メール文書設定における留意点>
  • メール送信機能が「利用する」になっていない場合、メール送信機能は使用できません。
  • 本文欄が空白の場合、メール送信機能を利用する場合にWeb公開/受取フォルダアドレスのみが表示されます。
  • 画面内の指示に従い文書を設定した場合その文章が表示されます。
  • 置換文字列を設定するとメール送信時に自動的に置換されます。

【ユーザーに対するメールアドレス及びメール送信許可の設定】
ユーザーにメールアドレスとメール送信許可を設定します。
  1. ブラウザより管理者でログインします。
  2. 画面右上の歯車アイコンをクリックして管理画面に切り替え、ユーザー管理をクリックします。
  3. 画面上部のメニューより「新規」をクリックして新規ユーザー登録画面、または、該当ユーザーをクリックしてユーザー更新画面に移動します。
  4. メールアドレスを入力し、許可項目の「メール送信/Web公開」のチェックをONにした上で「作成」あるいは「更新」ボタンを押下します。

上記設定を行うことで、Web公開/受取フォルダ設定済みのファイルやフォルダにチェックを入れると、ユーザーのファイル一覧画面の上部メニューに「メール送信」が表示されます。
「メール送信」を押下することでメール送信画面へ遷移します。


このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq363/

(最終更新日:2022/11/30)




[V5] Proselfのバックアップ設定で選択可能なターゲットのうち、「設定情報とログデータベース」や「設定情報のみ」ではどのような情報がバックアップされるのでしょうか。

バックアップされる情報は以下の通りとなります。

ターゲットが「設定情報とログデータベース」の場合
  • ユーザー/グループ/プライマリグループ及び各設定内容
  • ユーザー/グループ/プライマリグループ検索用のインデックスファイル
  • システム設定内で設定した各設定内容
  • バックアップ設定画面で設定した設定内容
  • デザイン設定画面で設定した設定内容
  • メール文書設定内で設定した各設定内容
  • お知らせ情報(ログイン画面に表示するお知らせ情報を含む)
  • ユーザー/グループ/プライマリグループの各デフォルト設定内容
  • 各種統計情報(ログイン/アクセス統計情報やログダウンロード画面から取得可能な各種ログ)
    ※バックアップ設定画面で指定した保存先フォルダ内にlogdbフォルダが作成され、その中に作成されます。

ターゲットが「設定情報のみ」の場合
  • ユーザー/グループ/プライマリグループ及び各設定内容
  • ユーザー/グループ/プライマリグループ検索用のインデックスファイル
  • システム設定内で設定した各設定内容
  • バックアップ設定画面で設定した設定内容
  • デザイン設定画面で設定した設定内容
  • メール文書設定内で設定した各設定内容
  • お知らせ情報(ログイン画面に表示するお知らせ情報を含む)
  • ユーザー/グループ/プライマリグループの各デフォルト設定内容

※プライマリグループについてはEnterprise Editionのみご利用可能です。Standard Editionご利用の場合は各プライマリグループの項目を除いたものとなります。
※以下のFAQもご参照ください。
https://www.proself.jp/support/faq289/

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq296/

(最終更新日:2022/11/30)




[V5] プロキシサーバーを経由しないとインターネットに接続できない環境でオンラインアップデートを実施するにはどうすればよいでしょうか。

以下の手順を実施すると、プロキシサーバーを経由したオンラインアップデートが可能となります。

  1. 管理者ユーザーでProselfにログインします。
  2. 以下の操作でライセンス認証画面を開きます。
    • 管理画面 - システム設定 - ライセンス情報内の[変更]をクリックします。
  3. ライセンス認証画面内の「■Proxy設定(オプション)」をクリックします。
  4. プロキシサーバー情報入力欄が表示されますので、必要事項を入力して[認証]をクリックしライセンス認証を実施します。
  5. 再度オンラインアップデートを実施します。

なお、申し訳ありませんが「■Proxy設定(オプション)」の設定値を再度確認する方法はございません。
5.実施時にエラー画面とならなければプロキシサーバー経由による動作が行われているとご判断いただけます。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq421/

(最終更新日:2022/11/30)




[V5] [GW] Webブラウザ上でトラフィックデータを取得する方法を教えてください。

Webブラウザにある開発者ツールの機能を使用すると、Proselfにアクセスした際の情報(トラフィックデータ)をHARファイルとして取得することができます。
以下はいくつかのWebブラウザにおける取得手順例となります。

※Webブラウザのバージョンによっては、画面や手順が異なる可能性がありますことをあらかじめお含みおきください。

◆Google Chrome
  1. Google Chromeを起動後、F12キーをクリックしてDevToolsを起動します。
  2. 「Network」タブを選択し、上部メニューより「Preserve log」「Disable cache」をチェックします。
    ※既にトラフィックデータが記録されている場合は、「Clear」ボタン(駐車禁止標識のようなアイコン)をクリックして記録されている内容を消去します。
  3. Proselfにアクセスしてトラフィックデータを記録します。
  4. 上部メニューにある下向き矢印のボタンをクリックするか、ネットワークトラフィックデータ一覧上の右クリックメニューより「Save all as HAR with content」を選択します。
  5. 保存先を決めて.harファイルを保存します。

◆Edge(Chromium版)
  1. Edgeを起動後、F12キーをクリックしてDevToolsを起動します。
  2. 「ネットワーク」タブを選択し、上部メニューより「ログの保持」「キャッシュを無効にする」をチェックします。
    ※既にトラフィックデータが記録されている場合は、「Clear」ボタン(駐車禁止標識のようなアイコン)をクリックして記録されている内容を消去します。
  3. Proselfにアクセスしてトラフィックデータを記録します。
  4. 上部メニューにある下向き矢印のボタンをクリックするか、ネットワークトラフィックデータ一覧上の右クリックメニューより「コンテンツを含むすべてをHARとして保存する」を選択します。
  5. 保存先を決めて.harファイルを保存します。

◆Firefox
  1. Firefoxを起動後、F12キーをクリックして開発ツールを起動します。
  2. 「ネットワーク」タブを選択し、上部メニューより「キャッシュを無効化」をチェック、また、歯車アイコンメニューより「永続ログ」をチェックします。
    ※既にトラフィックデータが記録されている場合は、ゴミ箱ボタンをクリックして記録されている内容を消去します。
  3. Proselfにアクセスしてトラフィックデータを記録します。
  4. 上部メニューの歯車アイコンをクリックして「HAR 形式ですべて保存」をクリックするか、ネットワークトラフィックデータ一覧上の右クリックメニューより「HAR 形式ですべて保存」を選択します。
  5. 保存先を決めて.harファイルを保存します。

◆Internet Explorer 11
  1. Internet Explorer 11を起動後、F12キーをクリックして開発者ツールを起動します。
  2. 「ネットワーク」タブを選択し、上部メニューより「常にサーバーから更新する」をON、「ナビゲーション時にエントリをクリア」をOFFとして「プロファイリングセッションの開始」(再生のアイコン)をクリックします。
    ※既にトラフィックデータが記録されている場合は、「セッションのクリア」ボタンをクリックして記録されている内容を消去します。
  3. Proselfにアクセスしてトラフィックデータを記録します。
  4. 上部メニューより「HARとしてエクスポート」ボタン(フロッピーディスクのアイコン)をクリックします。
  5. 保存先を決めて.harファイルを保存します。

◆Safari
  1. Safariを起動後、上部メニューよりSafari - 環境設定の順に選択して環境設定画面を開きます。
  2. 「詳細」をクリックし画面内にある「メニューバーに"開発"メニューを表示」をチェックします。
  3. 上部メニューよりSafari - 開発の順に選択して開く画面より「Webインスペクタを表示」を選択します。
  4. 「ネットワーク」タブを開き「ログを保持」をチェック後、「リソースの読み込み時にリソースキャッシュを無視」(円筒状アイコン)をクリックします。
    ※既にトラフィックデータが記録されている場合は、「ネットワーク項目を消去」(ゴミ箱アイコン)をクリックして記録されている内容を消去します。
  5. Proselfにアクセスしてトラフィックデータを記録します。
  6. 「書き出す」をクリックします。
  7. 保存先を決めて.harファイルを保存します。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq452/

(最終更新日:2022/11/30)



1件目から10件目までを表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11