検索 
         

疑問・トラブルについて - 115件

1件目から10件目までを表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


[V4] [V5] Proselfにアップロードするファイル名やフォルダ名の文字数制限はありますか。

OSのファイルシステムに依存するため、Linux OSとWindows OSによって制限が異なります。
また、どちらのOSの場合でもアップロードした実データに紐付くメタデータを保持するため、このメタデータを作成できる上限がファイル名/フォルダ名の長さの上限となります。

◆Linux OS
  • ファイル名の長さ:255バイトまで
  • パス名全体の長さ:1023バイトまで
※文字コードにUTF-8を使用している場合、日本語だと1文字3バイト使用します。そのため日本語を使用する場合、実際に使用できる文字数はさらに少なくなります。

Proselfの標準インストールの状態でユーザーを作成した場合の例を以下に記載します。
(例)
Proselfストアフォルダ:/home/Proself
作成ユーザー名:user0001

  • 実データ格納フォルダは下記フォルダの配下となります。
    /home/Proself/store/content/user0001/
  • 実データに紐付いたメタデータ格納先は下記となり、
    /home/Proself/store/metadata/user0001/
    実質「このパスまでの長さ+ファイル名+.def.xml(8バイト)」分を引いた数が、ファイル名/フォルダ名の長さの上限となります。

◆Windows OS
  • ファイル名の長さ:255文字まで
  • パス名全体の長さ:260文字まで

Proselfの標準インストールの状態でユーザーを作成した場合の例を以下に記載します。
(例)
Proselfストアフォルダ:C:\Proself
作成ユーザー名:user0001

  • 実データ格納フォルダは下記フォルダの配下となります。
    C:\Proself\store\content\user0001\
  • 実データに紐づいたメタデータ格納先は下記となり、
    C:\Proself\store\metadata\user0001\
    実質「このパスまでの長さ+ファイル名+.def.xml(8文字)」分を引いた数が、ファイル名/フォルダ名の長さの上限となります。

◆共通
  • フォルダの階層:1024階層まで
※Proself側の制限となります。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq286/

(最終更新日:2022/09/27)




[V4] [V5] 負荷分散装置やプロキシサーバーを経由してProselfにアクセスする環境の場合、アクセス制限設定を行うと負荷分散装置やプロキシサーバーを接続元と判断してしまい想定通りに機能しません。クライアント端末に対してアクセス制限を行うようにする方法はありますか。

Proselfは標準出荷状態ではProselfに最も近い機器のIPアドレスを接続元IPアドレスとして判断します。
そのため、負荷分散装置やプロキシサーバーを経由してProselfにアクセスする場合は、以下記載の手順で設定変更を行うことで接続元IPアドレスとして判断する対象を決めることができます。

※負荷分散装置、プロキシサーバーにてX-Forwarded-Forヘッダに接続元のIPアドレスを付与していることが前提となります。
※本設定を反映するにはProselfの停止及び起動が必要となります。
※クラスタリング構成の場合は1台ずつ設定を行って下さい。1台目の設定が終わりProselfの起動を終えた後に、次のサーバーの設定を行う必要があります。
※接続元IPアドレスについては、管理画面のログダウンロード機能で取得できる各種ログで確認可能です。プロキシサーバーや負荷分散装置を経由しており、かつ X-Forwarded-For ヘッダに接続元IPアドレスを付与している場合は、"クライアント端末のIPアドレス,プロキシサーバーのIPアドレス/負荷分散装置のIPアドレス"の形式で出力されます。

<設定変更手順>
  1. Proselfを停止します。
  2. proselfインストールフォルダ/conf/proselfconfig.xml に以下を追加します。
    事前に proselfconfig.xml.20190320 のようなバックアップを取得いただくことをお勧めします。

    ◆追加前
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <configlist>
    <store>
    <rootpath>/home/Proself</rootpath>
    </store>
    <parameter name="convert-webdavfs-url">true</parameter>
    </configlist>

    ◆追加後
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <configlist>
    <store>
    <rootpath>/home/Proself</rootpath>
    </store>
    <parameter name="convert-webdavfs-url">true</parameter>
    <parameter name="access-check-ip">{パラメータ}</parameter>
    </configlist>
    <parameter name="access-check-ip">{パラメータ}</parameter> を追加しています。

    {パラメータ}には以下を指定することでアクセス制限の対象を決めることができます。

    • all
      接続元IPアドレスに含まれている全てのIPアドレスを接続元IPと判断してアクセス制限チェックを行います。
    • client
      接続元IPアドレスに含まれているIPアドレスのうち、一番左のIPアドレスを接続元IPと判断してアクセス制限チェックを行います。
    • 数字
      接続元IPアドレスに含まれているIPアドレスのうち、右から指定した数字の数分のIPアドレスを接続元IPと判断してアクセス制限チェックを行います。

    例えば、接続元IPアドレスが "クライアント端末のIPアドレス,プロキシサーバーのIPアドレス,負荷分散装置のIPアドレス" となる環境からのアクセスを許可する場合、{パラメータ}にall、client、2を設定した際はアクセス許可欄にそれぞれ以下のように設定します。

    • all
      クライアント端末のIPアドレス、プロキシサーバーのIPアドレス、負荷分散装置のIPアドレスのいずれかをアクセス許可欄に設定します。
    • client
      クライアント端末のIPアドレスをアクセス許可欄に設定します。
    • 2
      右から2つ分まで、すなわち、プロキシサーバーのIPアドレス、負荷分散装置のIPアドレスのどちらかをアクセス許可欄に設定します。

    なお、標準出荷状態では上記の{パラメータ}に"1"を指定した設定として動作します。
  3. Proselfを起動します。
  4. アクセス制限を設定し、クライアント端末のIPアドレスに対してアクセス制限設定が反映されていることを確認します。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq312/

(最終更新日:2022/09/26)




[V4] [V5] 運用中のProselfを現在と異なるOSへ移行する事は可能でしょうか。

移行は可能ですが、以下の点にご注意ください。

  • 移行先サーバーにProselfを新規でインストールした上で、必要に応じて移行元サーバーにインストールされているProselfの設定ファイルを移行先サーバーにコピーいただく必要があります。
    ※以下のFAQもご参照ください。
    https://www.proself.jp/support/faq258/
  • ファイル名の文字コードはLinux OSとWindows OSで異なるため、Proselfストアフォルダを移行元サーバーから移行先サーバーにコピーする際に利用するソフトウエア等によって日本語ファイル名が文字化けすることがあります。
    そのため、ファイル名に文字化けが発生していないことをコピー後に必ずご確認ください。
    ※Proselfストアフォルダの確認方法については以下のFAQをご参照ください。
    https://www.proself.jp/support/faq434/

上記の他、移行時のライセンスに関する注意事項もございますので、以下のFAQもあわせご参照ください。
https://www.proself.jp/support/faq364/

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq267/

(最終更新日:2022/09/22)




[O] 統合認証オプションの設定を行いましたが、シングルサインオンが行われずログイン画面が表示されてしまいます。

以下をご確認ください。

■Proselfをインストールしたサーバー
  • 統合認証オプションのインストールメディア内にある/conf/jaas.configファイルをProselfサーバー上にコピーしているでしょうか。

■Proselfと連携しているActive Directory
  • 以下に該当する場合はシングルサインオンが正常に動作いたしません。
    1. サービスプリンシパル名が重複している。
    2. サービスプリンシパル名の登録を実施していない。
    3. 同じユーザーで複数のサービスプリンシパル名を登録している。
      ※統合認証オプションを利用するProselfを複数台構築する際はご注意ください。

    サービスプリンシパル名を正しく登録しているかどうかについては、ドメインコントローラーのコマンドプロンプト上で以下コマンド実行により確認可能です。
    • a.について確認する場合
      C:\> setspn -X
      問題がある場合は結果が1件以上出力されますので、重複するサービスプリンシパル名を削除する必要があります。
    • b. c. について確認する場合
      C:\> setspn -Q {サービスプリンシパル名}
      サービスプリンシパル名が何も表示されない場合は、統合認証オプションのインストールガイドに記載ある手順でサービスプリンシパル名を登録する必要があります。
      一方、サービスプリンシパル名が複数表示される場合は、1つのユーザーに対して1つのサービスプリンシパル名となるよう登録し直す必要があります。
  • ktpassコマンドでサービスプリンシパル名登録時、mapuserオプションで指定するユーザーをドメイン込みで指定することでシングルサインオンは可能でしょうか。
    環境によってはユーザーをドメイン込みで指定頂く必要があります。

■クライアントPC
  • Windowsのコントロールパネル - インターネットオプション - [セキュリティ]タブ - ローカルイントラネット - サイト - 詳細設定にProselfサーバーのURL(※)を追加しているでしょうか。
    ※http(s)://{ProselfサーバーのFQDN}
  • WindowsのログオンIDはProselfに登録されているユーザーID(※)と同じでしょうか。
    ※Active Directoryとの連携によって作成されたユーザーである必要がございます。
  • 「■Proselfと連携しているActive Directory」において問題がない場合、以下コマンドをクライアントPCのコマンドプロンプト上でも実行してドメインコントローラー上の実行結果と同一となることを確認します。
    C:\> setspn -X
    C:\> setspn -Q {サービスプリンシパル名}
    もしも差異がある場合はクライアントPCのOSを再起動後、再度上記コマンドを実行して同一となることを確認します。

※設定に関しては、統合認証オプションのインストールガイドに記載ある内容もあわせご参照ください。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq339/

(最終更新日:2022/08/18)




[V4] [V5] Web公開アドレス/受取フォルダアドレスにアクセスすると「Web公開でエラーが発生しました。このアドレスからはアクセスできません。」というエラーメッセージが表示されます。

Proselfのアクセス制限機能によりアクセスが拒否されている可能性があります。
Proself管理画面のシステム設定よりアクセス制限の設定 - Web公開アクセス制限設定のアクセス許可/アクセス拒否に設定しているIPアドレス/ドメインをご確認ください。

※ファイル送受信機能により送信されるメール内に記載されている公開アドレスへのアクセス時にも影響します。

※Web公開アクセス制限を設定していない場合でも、全ユーザーのアクセス制限によりWeb公開アドレス/受取フォルダのアクセスが拒否されることがあります。その場合は以下FAQに記載している手順を実施ください。
https://www.proself.jp/support/faq326/

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq458/

(最終更新日:2022/07/28)




[V4] [V5] Proselfにアクセスしたところ「接続するための条件を満たしていないためアクセスすることができません。」というメッセージが表示されログイン画面が表示されません。

以下に該当する可能性がありますのでご確認ください。

  • Proself管理画面のシステム設定よりアクセス制限の設定 - 全ユーザーのアクセス制限設定において「アクセス制限時にログイン画面を表示しない」がONで設定されており、かつ、アクセス許可/アクセス拒否欄の記載条件に該当するアクセスIP/ドメインからアクセスがあった場合に表示されます。
  • Proself管理画面のシステム設定 - クライアント認証設定において「クライアント認証を使用する」をONとしている環境に対して、クライアント証明書をインポートしていないコンピューター上にあるWebブラウザからアクセスした場合に表示されます。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq457/

(最終更新日:2022/07/28)




[V4] [V5] Proselfにログインしようすると「サーバーが混み合っています。しばらくしてから再度アクセスしてください。」というエラーメッセージが表示されログインできません。

Proselfのログインユーザー数がProselfの管理画面 - システム設定 - アクセス制限の設定 - 接続設定で設定している「同時ログイン数」に達している状態で新たにログインしようとした場合、本エラーメッセージが表示されます。

この場合、現在ログイン中のユーザーがログアウトするまでは新たにユーザーがログインすることはできません。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq456/

(最終更新日:2022/07/28)




[V4] [V5] WebブラウザからProselfにアクセスし、ログイン画面で正しいIDとパスワードを入力しているにも関わらず「ユーザーIDまたはパスワードが間違っているか、アカウントが停止されています。」というエラーメッセージが表示されログインできません。

以下に記載しているProselfのアクセス制限機能によりアクセスが拒否されている可能性がありますのでご確認ください。

  • 管理画面 - システム設定 - アクセス制限の設定にある以下各設定
    • 全ユーザーのアクセス制限設定
    • rootユーザーのアクセス制限設定
    • クライアントアクセス制限設定(Ver5.40以上)
      ※「ブラウザ(PC)」「ブラウザ(スマホ)」がチェックOFFの場合
  • ユーザーのアクセス制限(※)
    管理画面 - ユーザー管理 - ユーザー更新より確認可能です。
  • プライマリグループのアクセス制限(※)
    管理画面 - グループ管理 - プライマリグループ更新より確認可能です。

※ユーザー > プライマリグループ > システム設定の順で設定が優先されます。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq455/

(最終更新日:2022/07/28)




[V4] [V5] デザイン設定で変更した画像が反映されない場合は何を確認すればよいでしょうか。

以下の手順によりご確認ください。

  1. Webブラウザのプライベートブラウズの画面を起動します。
    ※Webブラウザのバージョンによっては手順、呼称が異なる場合があります。
    • Google Chrome
      ブラウザ右上にある縦三点のアイコンをクリックし、メニューより「新しいシークレットウィンドウ」を選択します。
    • Microsoft Edge
      ブラウザ右上にある横三点のアイコンをクリックし、メニューより「新しい InPrivate ウィンドウ」を選択します。
    • Firefox
      ブラウザ右上にある横三本線のアイコンをクリックし、メニューより「新しいプライベートウィンドウ」を選択します。
    • Safari
      Safariアプリケーションで「ファイル」-「新規プライベートウインドウ」の順番に選択します。
    • Internet Explorer 11
      ブラウザ右上にある歯車アイコンをクリックし、メニューより「セーフティ」-「InPrivate ブラウズ」の順番に選択します。
  2. 起動したプライベートブラウズ画面内でProselfにアクセスします。
  3. デザイン設定で変更した画像が反映されているかどうかを確認します。
    • 反映されている場合
      Webブラウザのキャッシュが原因ですので以下手順を実施してください。
      1. プライベートブラウズ画面ではなく通常の画面を起動してProselfにアクセスします。
      2. 「Shiftキー+再読込ボタン」「Ctrlキー+再読込ボタン」等で表示されたページの強制再読み込み(スーパーリロード)を行います。
        ※Webブラウザによっては同時押しを行うキーが異なる場合があります。
      3. デザイン設定で変更した画像が反映されているかどうかを確認します。

      上記でも改善されない場合は、Webブラウザのキャッシュ(※)削除を行った上で再度画面表示を行い、デザイン設定で変更した画像が反映されているかどうかを確認してください。
      ※Webブラウザにより呼称は異なりますが、「一時ファイル」「キャッシュ」「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」のみを削除対象としてください。
    • 反映されていない場合
      デザイン設定における設定誤りの可能性がありますので、内容を確認してください。
      例えば、[変更した画像を配置するグループフォルダ]に展開されたデフォルトの画像ファイルについては、同じファイル名かつ同じ画像形式で上書き更新する必要があります。
      別ファイル名や別画像形式で更新すると反映されません。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq393/

(最終更新日:2022/07/14)




[V4] [V5] Web公開メール認証における公開先メールアドレスの上限を変更することは可能ですか。

はい、以下手順で設定ファイルを変更することで、出荷状態で最大10件となる公開先メールアドレスの上限を増やすことが可能です。
以下に例として公開先メールアドレスの追加上限を20に変更する手順を記載します。

  1. Proselfインストールフォルダ/conf/proself.propertiesのバックアップを取得します。
    ※バックアップファイル名はproself.properties.backup.YYYYMMDD等としてください。
  2. Proselfインストールフォルダ/conf/proself.properties内末尾に以下を追記します。
    【編集後】
    ~省略~
    proself.public.mailauth.capacity = 20
  3. Proselfにログインし、Web公開画面より「公開先メールアドレス」が20まで追加可能であることを確認します。
    Proselfにログインした状態で本手順を実施した場合は、再度ログインし直してからご確認ください。

※Proselfサービスの再起動は不要です。
※指定する値に制約はありませんが、弊社では最大100までの動作検証を行っております。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq415/

(最終更新日:2022/06/10)



1件目から10件目までを表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12