検索 
       

動作環境について - 31件

11件目から20件目までを表示

1 2 3 4


[V5] Proselfのクラスタリング構成において負荷分散装置を利用する場合の注意点を教えてください。

Proselfのクラスタリング構成はセッション情報をサーバー間で共有しないため、以下の点にご注意ください。

  • Cookieや送信元IPアドレスを元に同一サーバーに転送するようなパーシステンスが有効な方法で負荷分散を行ってください。
  • 送信元IPアドレスと送信元ポート番号を元に同一サーバーに転送する方法は使用しないでください。
    昨今のブラウザでは複数の接続を同時に使用し、それぞれの接続で異なるポート番号を使用するため意図しないセッションタイムアウトが発生する場合がございます。
  • SSLセッションを元に同一サーバーに転送する方式は使用しないでください。
    昨今のブラウザでは複数の接続を同時に使用し、複数のSSLセッションが張られてしまうため意図しないセッションタイムアウトが発生する場合がございます。
  • Proselfのセッション保持時間は30分となっておりますため、負荷分散装置のセッション保持時間はProselfのセッション保持時間以上としてください。
    負荷分散装置のセッション保持期間がProselfのセッション保持時間より短い場合、意図しないセッションタイムアウトが発生する場合がございます。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq215/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] 必要に応じてハードディスク追加することによりProselfのストア領域を拡張することは可能でしょうか。

いいえ、現状では不可能です。
Proselfでは複数のハードディスクにまたがってストア領域を作成することができないため、単にハードディスクを追加してもストア領域の拡張を行うことはできません。

複数のハードディスクがOS上から1つのハードディスクとして見えるような仮想技術があれば実現できると存じますが、Proselfでソフトウェア的に解決することは非常に難しいです。

なお、Enterprise Editionではストア領域の変更を行う機能があり、この機能を使う場合はユーザーフォルダ/グループフォルダ単位で追加したハードディスクにファイル保存先を割り当てることが可能です。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq203/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] インターネット経由とありますが、会社内のイントラネットに限定した利用というのは可能でしょうか?また、事業所間をインターネットVPN接続していてイントラネットの環境も整っていますが、そこに組み込むことは可能でしょうか。

はい。イントラネットの環境にて利用可能です。
Proselfは初期設定の状態で、TCP 80番ポート(http)を使用します。
こちらが接続可能な環境であれば問題ありません。
なお、ポートは設定で変更可能です

また、Proselfインストール後、初回起動時にシリアル番号を入力し、弊社のインターネット上の認証サーバーへhttps経由で接続します。
もし、インストールするサーバーがインターネットへ接続できないサーバーである場合は、Proselfご利用の際に改めてお問い合わせください。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq202/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] Proselfを外部ストレージに接続して利用することは可能ですか。

Proselfサーバーに対し、外部ストレージをマウントすることで利用可能です。
ただし以下の前提条件がありますので、あらかじめご承知おきください。

  • ProselfサーバーがLinux OSの場合はNFS、Windows OSの場合はCIFSの各プロトコルを使用して外部ストレージにアクセスすることが前提となります。
  • Proselfサーバーと外部ストレージで同じ文字コードを設定する必要があります。

以下のFAQもご参照ください。
https://www.proself.jp/support/faq291/

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq199/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] ProselfのLDAP連携設定において対応可能なディレクトリ・サービスを教えてください。

Open LDAP、Active Directoryへの対応が可能です。
弊社で動作確認しております。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq198/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] 各Editionのユーザー数を超えると、どの様な問題が発生しますか。 (例:Standard Editionで、160ユーザー利用した場合など)

管理画面がStandard Editionの場合一覧表示となっているため、ユーザー数が増えると表示が遅くなっていき実用に耐えなくなります。
またStandard EditionはWeb画面からのユーザー管理しか対応していないので、大量のユーザー登録に向いていません。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq196/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] 推奨ユーザー数とは同時接続数でしょうか? それともProselfへの登録数でしょうか?

Proselfへの登録数です。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq195/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] WebDAV で利用する場合、全てのユーザーのWebフォルダを管理者のWebフォルダの配下にすることは可能ですか?また、特定のアカウント(管理者以外)を使う事で全てのユーザーがフォルダにアクセスができるようにすることは可能ですか?

Enterprise Editionのプライマリグループ機能で可能です。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq194/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] ProselfはWebDAVを利用しているのでしょうか。

はい、ProselfはWebDAVに完全に準拠しておりますので、他社製のWebDAVクライアントソフト(Mac OS XのFinder等)で直接接続する事も可能です。

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq193/

(最終更新日:2022/11/29)




[V5] 対応ブラウザを教えてください。

以下URLに詳細を記載しておりますのでご確認ください。
https://www.proself.jp/licence/browsersupport/

このFAQは次のURLで直接ご覧いただけます。
https://www.proself.jp/support/faq189/

(最終更新日:2022/11/29)



11件目から20件目までを表示

1 2 3 4